ブログ

2021.12.13

健康豆知識~コレステロール

最近とってもごはんが美味しくて、ついつい食べ過ぎてしまう今日この頃。体重増加も気になります。

痩せるのは時間がかかるのに、太るスピードの速いこと(@_@)ビックリしてしまいます☆

私もコレステロールが気になるお年頃になってしまいました

今日は、コレステロール過多が招く病気についての記事をご紹介します。

 

●食べ過ぎが続くとコレステロールが増加

 細胞膜やホルモン、胆汁などの材料になるコレステロールは、身体に必要な栄養素。

78割は肝臓で作られ、残りは食事から吸収しています。

食べ過ぎると一時的に血液中のコレステロール量が増えますが、

身体にはコレステロールの量(濃度)をチェックする機能があるので、

食事で摂取しすぎると肝臓での合成がセーブされ、常に一定量に保たれるように調整されています。

 しかし、食べ過ぎが続くと調整が追いつかなくなり、血液中のコレステロールが増えていきます。

そのほか、運動不足糖分のとり過ぎお酒の飲み過ぎストレス、さらに遺伝や加齢によってもコレステロールがたまりやすくなります。

 コレステロールが血液中に増え過ぎると、全身にさまざまな影響が及び、命にかかわる病気につながることもあります。

毎日の生活の中で、十分に気を付けるようにしましょう。

 

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム